HEMSとは 〜近未来の家庭を変えるHEMS〜

ホーム・エナジー・マネージメント・システム。それがHEMSです。

 

このシステムは、近未来の各家庭のエネルギー事情を大きく替えるシステムとして、期待が寄せられているものです。今まで日本派エネルギーを海外人気頼らざるを得ませんでした。省エネや地球環境に優しいと言っても、景気が良くなると電力エネルギーが必要になり、経済発展が優先され節電や自然エネルギーの活用が停滞する傾向にありました。

 

しかし、東北の大震災以降、原発の稼働停止や火力発電の復活など電力供給の限界が見えてきて、あらためてHEMSの存在がクローズアップされてきたのです。このシステムは、電力の供給や利用をフレキシブルにコントロールして無駄の少ない発電、効率的な利用を目的としています。

 

HEMSの中には、太陽光発電設備も含まれます。各家庭が自然エネルギーを使いながら発電し自己で使う。時には蓄電設備に電気を蓄えることも行い非常時に備えることも可能です。また、自己で使い切れない余剰電力については、電力会社に買い取ってもらうこともできます。

 

家庭から見れば、節電と同時に新たな収入源とみなすこともできるかもしれません。電力会社から見れば、無駄な電力発電をする必要が少なくなってきます。発電に必要な化石燃料の節約にもなってきます。これらの設備は今までの電力量計のような形をしたスマートメーターにて、管理されるとともに自宅でどの程度の発電をし、どの程度の利用をしているのかを把握することが可能になってきます。

 

これらはエネルギー利用の効率性を高めることと利用者の電力に対する意識向上にもつながってきます。国の構想では2030年までには、全戸に設置したいという考えです。消費するエネルギーから自ら作るエネルギー。これが実現するとエネルギー消費大国であったものが、高効率のエネルギー消費国に生まれ変わることになります。

 

HEMSは国策のエネルギー施策と言っても過言ではありません。必要なエネルギーを自ら作り自ら利用するだけでなく売電を通して、発電の負荷を軽減できる期待の存在なのです。真に未来を紡ぐ発電システムと言えるでしょう。